大地震・強烈台風に耐えるアルミ目隠しフェンス ブロック塀改修は官庁認定製品

 

カクスルーの御説明

 

 

 

一般財団法人 建材試験センターで日本工業規格試験に準拠す

 

鉛直荷重試験及び水平荷重試験及び衝撃試験を受け合格しま

 

した。

 

 カクスルーは、強い台風(最大瞬間風速57m/s)でも安全で有

 

り、震度6強の地震でも安全な様に、建築基準法に基づく設計を致

 

ております。 全ての製品は、控え柱が無い構造です。

 

 

 

 万が一、震度7の地震が来てしまってもブロック塀の5%~10%

 

の重量しかありませんので、200kg/㎡もあるブロック塀に比べ

 

て格段に安全です。

 

 

 カクスルーに使用する材料は、道路標識や窓サッシ・ガードレー

 

等に使用される超高耐久のアルミ材であり、ネジ類はステンレス

 

で製品は不燃物ですので、住宅密集地に設置されても安全です。

 

 

 カクスルーは、山口県知事の認定を受けると共に、山口県土木建

 

部技術管理課様所管の公共工事地産地消推進モデル事業実施

 

評価〔適〕を頂きました。(令和2年2月評価)

 

製品開発に当りましては、地方独立行政法人 山口県産業技術セ

 

ターの御指導を頂きました。

 

 

   

 

弊社は、自社場にて設計製作しているオリジナル受注生産品で

 

すので納期がおよそ1ヶ月(営業日換算)かかります

 

御客様が目隠しフェンス・塀の設置を計画される際の概略を御教

 

え頂ければ、製品高さ・基礎規格・支柱間隔等の様々な御相談

 

お受けする事が出来ると存じます。

 

 

 

    弊社製品を販売するとの悪質な偽サイトが有りますのでご注意

 

下さい。弊社は、御客様よりの御依頼により御見積りさせて頂き、

 

契約の上で納品させて頂いております。

 

前払い条件での御取引は致しておりません。

 

 

生垣塀と板垣で露出するボルト・ネジ類は、蓋固定ネジだけです

 

ので、小さなお子さまにも安全です。

 

 

 

 

 コーナー処理の対処方法は、横胴縁と取付ブラケットの加工によ

 

90°コーナー支柱の場合74°~106°、中間支柱の場合16

 

4°~196°の間で対応できます。

 

柾板塀の場合、90°コーナー以外は支柱増設となります。

 

 

 

 

縦断勾配処理例

 

 

 

パネル下目隠し材取付状況(オプション @650/m)アルミ

 

L型鋼を、ステンレスネジを用いて胴縁に固定します。

 

 

 

 

 

 

 支柱間隔が定尺とならない縦桟形状のカクスルーの場合、スリ

 

ット幅・オーバーラップ幅を単独或は複数スパンで調整して対応

 

致しますので御相談下さい。

 

 

 

 


 

0801_201808
支柱用アルミ蓋 
top_201904_12
製品組立用ステンレスM8ボルトナット同ステンレスM4タッピングネジ

 

 

0802_201808 標準製品色

 

写真左 シルバーグレー

 

写真右 ディープブラウン

 

表面処理は、JIS H8602

 

による複合被膜であり、

 

性能は最高の A1 です。

 

設計条件

 

島嶼部・沿岸部等の特に強風が予想される場所に設置される場合

 

には、御相談願い度存じます。

 

 

カクスルー50タイプの支柱配置例

価格設定条件

 

標準販売価格(工事費・税別途)、標準支柱間隔で延長10m以上

 

を平坦ヶ所に一連で、設置する場合の運賃を含んだ価格です。

 

実販売価格は標準販売価格以下ですが、規格・数量・地域により

 

動しますので事前に御見積りとさせて頂きます。

 

運賃に関しましては、沖縄及び島嶼部は別途御相談させて頂きま

 

す。

 

配送方法は、木材パレット積状態での最寄りトラックターミナル

 

渡しと致しております。

 

 

製造物賠償責任保険加入済です。

 

製品の機能向上の為に、予告なしに仕様の一部を変更する事が有

 

ます。